不眠症のための薬の種類とその作用

医療機関で処方される睡眠薬の種類

不眠症の治療に用いられる睡眠薬は、市販の睡眠薬とは作用が異なります。
脳の機能を低下させるタイプと自然な眠気を強くするタイプの2つに分類できます。

前者は、脳の大脳辺縁系や脳幹網様体という部位の神経活動を抑えることで、催眠作用をもたらすもので、現在中心的に用いられているものです。
ベンゾジアゼピン系の「ハルシオン」や「ドラール」など、非ベンゾジアゼピン系の「マイスリー」や「ルネスタ」などが、これに分類されます。
バルビツール酸系もこれに該当しますが、安全性の見地から、現在ではほとんど使用されていません。

後者は、睡眠・覚醒リズムに関する生理的な物質の働き方に作用して睡眠を促すもので、メラトニン受容体作動薬である「ロゼレム」、オレキシン受容体拮抗薬である「ベルソムラ」があります。
これらは依存性が極めて少ないといわれますが、効果や副作用に個人差が大きいという特徴があります。

薬の作用時間と不眠のタイプ、副作用

睡眠薬は、その種類によって作用時間が異なります。
一般論として、入眠障害には、比較的短時間のものが、早朝覚醒には長時間のものが用いられ、中途覚醒には、最も短いタイプ以外が使用されるなど、不眠の症状に対応した使い分けが考えられます。
また、睡眠の質の観点では、例えば、睡眠覚醒リズム障害には、体内時計のリズムを整える作用が期待できるロゼレムを用いたり、熟眠障害には、自然な眠気を強くするタイプの睡眠薬や、睡眠薬以外にも鎮静系抗うつ薬や抗精神病薬を用いたりします。

作用時間による分類は、注意すべき副作用とも関係します。
作用時間の長い場合、作用の「持ち越し」による副作用として眠気・ふらつきに気を付けなければなりません。
他方で、作用時間が短い薬は、その効果が急激に表れて半端な覚醒状態を生んだり、急激な変化に体が対応したりすることから、健忘・依存の副作用が危惧されます。


Share!
B!

ページTOPへ