「個人輸入」なら処方箋薬もネットで購入できる?

医薬品の輸入等に関する規制と輸入代行業者

一般に、日本国内で医薬品の販売を許可されている薬局・医薬品の販売業者は、処方箋の交付を受けた者以外の者に対して、処方箋医薬品を販売することを禁止されています。
他方で、医薬品の輸入に関しては、自己使用目的の輸入(個人輸入)の場合、原則として、地方厚生局から営業のための輸入でないことの証明を受けることが必要です。
ただし、処方箋薬である医薬品については、用法用量からみて1ヶ月分以内であれば、自己判断による使用が重大な健康被害に繋がり得るものなど、一部の品目を除き、税関の確認のみで輸入できることとされています。

したがって、個人輸入では、医療機関で処方される睡眠薬を処方箋なしに手に入れることが可能になります。
ネットで検索すれば、この個人輸入を代行する業者が沢山見つかります。
サイトの表記も日本語で、処方箋薬を安価で簡単に買えるように見えます。

処方箋薬の個人輸入のリスク

しかし、こうしたサイトを通して購入する医薬品には、品質、有効性及び安全性が国内と同一水準で確認されている保証はない、偽造品の可能性がある、国内で販売されている医薬品による健康被害では適用される医薬品副作用被害救済制度が適用されないなどのリスクがあります。

なお、輸入代行業と称していても、実態として輸入行為を許可なく行っている場合や未承認医薬品の広告をしている場合は、違法な業者といえます。

そもそも簡易な手続の個人輸入は、海外における治療と同じ医薬品の継続的使用を希望する人や常備薬を携行する旅行者などに配慮したもので、「病院に行く手間を省く」ことを想定したものではありません。
もちろん、個人輸入には、安価なジェネリック品などを含め、国内では未承認の薬による治療が可能になるなどのメリットもあります。
そのような薬を使用したい場合は、医師、薬剤師等の専門家に個人輸入について相談してみるとよいでしょう。


Share!
B!

ページTOPへ